昨日のNY市場はまちまち。ダウは57ドル高の23435ドル、
ナスダックは11ポイント安の6716ポイント。S&Pは4ポイント上げて2579で取引を終了した。

10月ADP雇用統計が予想を上回る堅調な内容となり、買いが先行。FOMC結果を見極めたいとの思惑と10月ISM製造業景況指数が市場予想に届かなかったことなどで午後にかけて上げ幅を縮小した。

FOMCでは政策金利は据え置かれたものの、ハリケーンの影響にも関わらず経済活動は好調で景気判断が引き上げられ、12月の利上げを確実視する見方が強まった。

一方で、引け後に複数のハイテク企業決算が予定されているためナスダックには利益確定の動きが広がった。

直近の為替レートは、ドル円で114円10銭台ユーロ円で132円50銭台で推移している。

日経平均が400円も上昇しているのに個別には風が吹いていないような気持ちにさせられるが、400円上昇したのに東証1部で700以上の銘柄が下落している訳だから日経平均の上昇は無視して相場を考えたほうが賢明。

日経平均が上昇するのは個別銘柄に逆風になる訳ではないのでここは慌てず。

昨日のNY市場は上昇。ダウは28ドル高の23377ドル、ナスダックは28ポイント高の6727ポイント。
S&Pも2ポイント上げて2575で取引を終了した。

決算発表を受けて売買が交錯し、朝方は小動きとなったが、
その後は緩やかに上昇する展開となった。

今週は明日のFOMC結果発表や下院の税制改革案に加えて、次期FRB議長の発表や10月雇用統計など重要イベントが続くため、様子見ムードから積極的な売買は限られた。

直近の為替レートは、ドル円で113円60銭台ユーロ円で132円40銭台で推移している。

 

ようやく待ちに待ったお祭り相場がやってきた。

今週注目銘柄も大きく上昇した昨日だったが利益を出すのは比較的簡単な相場環境。

問題はその利益を何処で確定させるかが重要。それぞれタイミングが違うので要注意。

 

昨日のNY市場は下落。ダウは85ドル安の23348ドル、
ナスダックは2ポイント安の6698ポイント。
S&Pも8ポイント下げて2572で取引を終了した。

先週の株価上昇を受けた利益確定の動きから、売りが先行。

トランプ大統領の元選挙対策委員長らが米大統領選へのロシア介入疑惑で起訴され、政権運営への先行き不透明感が高まったほか、
米下院が税制改革案に法人税率の段階的な引き下げの導入を検討していることが報じられ、軟調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で113円10銭台ユーロ円で131円60銭台で推移している。

 

昨日の動きを見る限り個人投資家の買い意欲は衰えていなそうで個別は意欲的に買われている。

ここからは順番待ち、吹き上がった物から利益を確定して次の銘柄に移る臨機応変さが必要

先週末のNY市場は上昇。ダウは33ドル高の23434ドル、ナスダックは144ポイント高の6701ポイント。
S&Pも20ポイント上げて2581で取引を終了した。
ナスダックとS&Pは史上最高値を更新。

アマゾン・ドット・コムが約13%高となったほか、インテル、アルファベット、フェイスブックなどの
主力IT株が軒並み大幅高となりナスダックが大幅反発した。

一方メルク、シェブロンの下落が重しとなったダウは小幅上昇にとどまった。

直近の為替レートは、ドル円で113円70銭台ユーロ円で131円80銭台で推移している。

 

今週は30~31日に日銀金融政策決定会合、31~1日にFOMC、金曜が休日で4日の商い。

動きにくい時に大きく動く仕掛けのある銘柄を積極的に狙う場面ではないかと思われる。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは71ドル高の23400ドル、
一方ナスダックは7ポイント安の6556ポイント。S&Pは3ポイント上げて2560で取引を終了した。

ECBによる段階的な金融緩和策縮小が発表され、欧州株が全面高となり米国株も連れ高となった。

複数の主要企業決算が好感されたほか、米下院で18年度予算案が可決され、税制改革への実現期待が一段と強まったことが好感された

直近の為替レートは、ドル円で114円を挟んだ動き

ユーロ円で132円80銭台で推移している。

今日は週末を控えて持ち高調整の売りも予想されるが、欧米株の上昇と決算発表に対応した好業績銘柄への物色で中長期を見据えた買いも多いと思われる。

連騰でまずは気持ちを入れ替えるにはやはり流れ通りにある程度次の買い準備のタイミングとして整理していくのもいいのではないだろうか。

昨日のNY市場は反落。ダウは112ドル安の23329ドル、ナスダックは34ポイント安の6563ポイント。
S&Pも11ポイント下げて2557で取引を終了した。

複数の主要企業決算が嫌気され、売りが先行。さらに原油相場の下落や長期金利の上昇が嫌気され、
終日軟調推移となった。

9月耐久財受注や新築住宅販売件数が予想を上振れたものの、相場への影響は限られた。

直近の為替レートは、ドル円で113円70銭台ユーロ円で134円30銭台で推移している。

ようやく連騰も終わりしっかりした相場で望めそうだが、気になるのは昨日の下げは中小型株のほうが落ち込んでいる点。単純に外人の買いは継続しているのは理解出来るがその流れがこのまま続くか、割安の小型株に向かうのか、見極めが肝心。

昨日のNY市場は上昇。ダウは167ドル高の23441ドル、ナスダックは11ポイント高の6598ポイント。
S&Pも4ポイント上げて2569で取引を終了した。ダウは史上最高値を更新。

複数の主要企業決算が堅調な内容となり、買いが先行。10月マークイット製造業PMIが予想を上振れたほか、税制改革への期待から堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で113円90銭台ユーロ円で133円90銭台と円安で推移している。

歴史的な上昇となっているがやはり相場の牽引は外人と考えられ、その背景は出遅れもさることながら、日銀の買い支えが大きな要因となっているのは明らか。

米国と違い中央銀行が直接株式を買っている訳なのでいずれ売らなくてはならない。

ETFを通しての買い付けなので名前は出てこないが大手の企業でも日銀が大株主の銘柄も多く存在する状況。

山高ければ谷深し、ますます指数銘柄が買いにくくなる。

昨日のNY市場は反落。ダウは54ドル安の23273ドル、ナスダックは42ポイント安の6536ポイント。
S&Pも10ポイント下げて2564で取引を終了した。

米主要決算や税制改革への期待感から買いが先行。

しかし経済指標の発表に乏しく、前週に主要株価がともに最高値を更新したことによる高値警戒感も重なり、利益確定の動きから引けにかけて下落に転じた。

直近の為替レートは、ドル円で11円10銭台ユーロ円で13円90銭台で推移している。

 

ようやくイベント終了の達成感から一服といった状況だが売りも出づらい需給関係は継続しているのでここから短期的に小型材料株が相場をに賑わせてくると思われる。

短期で吹き上がる動きが出そうな一相場出してもみ合っている銘柄を積極的に狙ってみるのも良さそうだ。

先週末のNY市場は上昇。ダウは165ドル高の23328ドル、ナスダックは23ポイント高の6629ポイント。
S&Pも13ポイント上げて2575で取引を終了した。3指数とも史上最高値を更新。

米上院は19日夜、2018年度予算の大枠を定めた予算決議案を賛成多数で可決。27年度までの10年間に最大1兆5000億ドル(約170兆円)
の減税を容認する内容となった。

政権が目指す大幅減税を柱とした税制改革の実現に向け前進したとの見方が広がったことから投資家のリスク選好意欲が高まり、
ダウは寄り付きから取引時間中の史上最高値を更新した。

直近の為替レートは、ドル円で113円70銭台ユーロ円で133円90銭台で推移している。

 

本日15連騰は間違いなさそうでやはり歴史的なことで短期的には話題となるだろうがこの1週間で200円しか上昇していない。

選挙期間を考えると弱くはないがあまり強気にはなれない。近い内にかならず来る押し目に小型材料株を仕掛ける手法が好ましい。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは5ドル高の23163ドル、ナスダックは19ポイント安の6605ポイント。
S&Pは0.8ポイント上げて2562で取引を終了した。ダウとS&Pは史上最高値を更新。

中国の7-9月期GDPが減速し世界経済の先行き見通しに対し懸念が高まったほか、スペイン政府がカタルーニャ州の自治権停止の手続きを進めていることによる
政治情勢への警戒感の高まりが嫌気され、売りが先行。

主要企業決算や税制改革実現への期待から、引けにかけて下げ幅を縮小したものの、相場を押し上げるには至らなかった。

直近の為替レートは、ドル円で112円50銭台ユーロ円で133円40銭台で推移している。

さて寄付き押して始まる日本株だが週末、選挙最終日、今月まだ買いのない日銀を考えるとザラ場動きが激しいい事も予想できる。

狙いはやはり指数の政策絡みでいいのではないだろうか。