昨日のNY市場は上昇。ダウは98ドル高の24922ドル、
ナスダックは58ポイント高の7065ポイント。S&Pも17ポイント上げて2713で取引を終了した。
3指数とも今年に入って連続上昇となり、
いずれも史上最高値を更新した。
アジア・欧州株が概ね全面高となるなか、米国株にも買いが先行。11月建設支出や12月ISM製造業景況指数が予想を上回り
終日堅調推移となった。
FOMC議事録では、数人の委員が足元の低調なインフレ基調に懸念を示した一方で、減税による更なる経済成長を指摘。
大半が年内の緩やかな利上げ継続を支持する見方を示し発表後の相場は上げ幅を拡大する展開となった。
直近の為替レートは、ドル円で112円40銭台ユーロ円で135円の飛び台で推移している。
初めよければすべて良し、1年の占うにあたり幸先の良いスタートとなりそうだ。
兜町の相場師の昨年末注目銘柄も大納会後にIRが出て本日どこまで上昇するか本日はゆっくりと楽しみながら相場を見ていけそうな感じだ。メンバー登録

昨日のNY市場は上昇。ダウは63ドル高の24837ドル、ナスダックは10ポイント高の6950ポイント。
S&Pも4ポイント上げて2687で取引を終了した。

週間新規失業保険申請件数が前週比横ばいとなり、労働情勢の堅調さが示され、買いが先行。

閑散取引が続く中、原油高や長期金利の上昇を受けてエネルギーや金融関連銘柄への買いが相場の下支えとなった。

直近の為替レートは、ドル円で112円80銭台ユーロ円で134円80銭台で推移している。

メンバー登録

北朝鮮の地政学リスクが改めて意識されたことで今日は年末一段高の「掉尾の一振」は昨日までという解釈で問題ないだろう。ここからはキャッシュポジションを高めて年初第2週までは動きづらい展開だけに下がる可能性は高いと見ている。

昨日のNY市場は上昇。ダウは28ドル高の24774ドル、ナスダックは3ポイント高の6939ポイント。
S&Pも2ポイント上げて2682で取引を終了した。

朝方はハイテク株への買い戻しの動きから上昇したものの、閑散取引が続くなか節税目的の売りが広がったほか、
原油安や長期金利の低下が嫌気され上げ幅を縮小した。

直近の為替レートは、ドル円で113円120銭台ユーロ円で134円70銭台で推移している。

 

東証1部の売買代金は1兆7000億円と冴えない中、一方前場で年初来高値を更新したマザーズ指数は
後場はさらに一段高となり、3%超の大幅上昇。ポートフォリオも大きく利益を叩き出している。

年末特有の動きとはいえ今年は巨大魚のような一振だ。

この流れが本日も続くようだと年初の方向性を転換させなくてはならないかもしれない。

まずは本日はじっくり相場を見ていきたい。メンバー登録

昨日のNY市場は下落。ダウは7ドル安の24746ドル、ナスダックは23ポイント安の6936ポイント。
S&Pも2ポイント下げて2680で取引を終了した。

年末で閑散取引となる中、アップルを中心にハイテク株に売りが先行。利益確定や持ち高調整の売りも広がり、軟調推移となった。

原油相場は上昇し、10月ケース・シラー住宅価格指数は市場予想を上振れたものの、相場を押し上げるには至らなかった。

直近の為替レートは、ドル円で113円10銭台ユーロ円で134円30銭台で推移している。

 

外人不在の状況で年内換金売りや税金対策などの売りが出ている割にはしっかりしており低リスク、ハイリターンが望める展開。

いずれにせよリスクのある銘柄しか動かない状況なので狙ってみたいところ。

メンバー登録

NY市場はクリスマス休暇のため休場。

直近の為替レートは、ドル円で113円20銭台ユーロ円で134円30銭台で推移している。

 

海外投資家が不在の場合の売買はこんな感じで売買代金上位の主力大型株には、ほとんど値動きがみられないのが普通。

やはり値動きがいいのは若い株、メンバー推奨の3484などがそのいい例。掉尾の一振の典型

メンバー登録

先週末のNY市場は小幅反落。ダウは28ドル安の24754ドル、ナスダックは5ポイント安の6959ポイント。
S&Pも1ポイント下げて2683で取引を終了した。

クリスマス休暇を控え市場参加者が少ないなか、持ち高調整主体の展開で、先週大きく売られた不動産株が買い戻され、金融株が利益確定売りに押された。

午前に発表された個人消費支出や新築一戸建て住宅販売件数など米経済指標は総じて堅調だったが、市場の反応は限定的だった。

直近の為替レートは、ドル円で113円20銭台ユーロ円で134円30銭台で推移している。

 

 

年内最終週となる今週、明日が年内受け渡しで今まで売り込まれていた銘柄が一気に狙われる可能性が高く、今年の掉尾の一振は破壊力が例年に比べると大きそうな予感がする。

 メンバー登録       

昨日のNY市場は反発。ダウは55ドル高の24782ドル、ナスダックは4ポイント高の22866ポイント。
S&Pも5ポイント上げて2685で取引を終了した。

税制改革による業績拡大が見込まれる主要企業が、相次いで従業員に還元する方針を発表したことが好感され、終日堅調推移した。

一方クリスマスの連休を控えて閑散取引となっており、7-9月期GDP確報値がやや下方修正されたほか、週間新規失業保険申請件数は予想より増加したため、上値も限られた。

直近の為替レートは、ドル円で113円20銭台ユーロ円で134円50銭台で推移している。

 

26日が年内最終日となるためここからは利益確定売り、税金対策のための損金確定売りなどが多くなってくる。株を枕にと長期展望で考える銘柄以外は他が出しにくくなる。

個別も本日吹き上がる材料が出て楽しみではあるが、ここからの噴き上がりは必ず利益を取る気持ちで臨みたい。

昨日のNY市場は小幅下落。ダウは28ドル安の24726ドル、
ナスダックは2ポイント安の6960ポイント。S&Pも2ポイント下げて2679で取引を終了した。

税制改革案の成立期待から買いが先行。その後、上院で内容の一部が修正された税制改革案が下院で再可決された。

トランプ大統領の署名により同法案は正式に成立するが、法案成立は概ね株価に織り込み済みで、前日終値を挟んでもみ合う展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で113円30銭台ユーロ円で134円70銭台と円安で推移している。

 

外資がクリスマス急に入るここからは短期上げ下げする銘柄が多くなってくる。

今年は個人投資家の投資マインドは依然として強いので予想以上に利益が取れる餅つき相場の可能性が考えられる。

まずは、日銀金融政策決定会合の後場からに標準を合わせて買うタイミングを計りたい。

昨日のNY市場は反落。ダウは37ドル安の24754ドル、
ナスダックは30ポイント安の6963ポイント。S&Pも8ポイント下げて2681で取引を終了した。

税制改革法案の成立に楽観的な見方が広がる一方で、前日の株価上昇を受けた利益確定の動きが広がり、
寄付き後から下落しもみ合う展開となった。

前週に共和党執行部の間で合意された税制改革案が下院で可決されたものの、今晩の上院での採決結果を見極めたい
との思惑もあり、相場への影響は限られた。

直近の為替レートは、ドル円で112円80銭台ユーロ円で133円60銭台で推移している。

年末特有の相場から来年に向けての銘柄入れ替えのタイミング。予想以上に吹き上がった銘柄はここで利益確定。

本日から来年に向けて新しい銘柄を投入する。

昨日のNY市場は上昇。ダウは140ドル高の24792ドル、ナスダックは58ポイント高の6994ポイント。
S&Pも14ポイント上げて2690で取引を終了した。3指数とも史上最高値を更新。

アジア・欧州株が概ね全面高となり、米国株も買いが先行。
12月NAHB住宅市場指数が予想を上振れたほか、税制改革実現への楽観的な見方から投資家のリスク選好姿勢が強まり終日堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で112円50銭台ユーロ円で132円50銭台で推移している。

年末特有の動きと判断したが今年は若干変化が起きている。

指数が強い時は個別は難しいいのだが昨日が正にその展開。

ストップ高するものもあれば上がってもおかしくない材料にもかかわらず下落する銘柄もある。

ポートフォリオは利益を積み上げているが今が一番の稼ぎ時、修正が必要な状況なのかは本日の指数の強さを見てから判断。