昨日のNY市場は下落。ダウは14ドル安の26048ドル、ナスダックは0.6ポイント安の7822ポイント。
S&Pも1ポイント下げて2885で取引を終了した。

中国がインフラ投資を目的とした地方政府による債券発行を促す投資奨励策を発表し、アジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株も買いが先行した。

しかし、トランプ大統領が6月下旬に開催予定のG20首脳会議に合わせて米中首脳会談で何らかの合意が無ければ、中国からの輸入品に対する追加関税を発動すると発言。

一方で、中国政府は会談開催について言及しておらず、対立への懸念から引けにかけて弱含みとなった。

直近の為替レートは、ドル円で108円50銭台ユーロ円で122円90銭台で推移している。

昨日の日経平均は下げて始まったが、日銀の介入なしでほぼ高値圏で終え、25日線の上でしっかりとした動きが続いた。

鬼門のSQ前の本日水曜を無難に乗り越えると流れが変わるかもしれない。

 

昨日のNY市場は上昇。ダウは78ドル高の26062ドル、ナスダックは81ポイント高の7823ポイント。
S&Pも13ポイント上げて2886で取引を終了した。

トランプ政権がメキシコからの輸入品に対する関税引き上げの延期を発表し、アジア・欧州株が全面高となった流れを受け、米国株も買いが先行。

NYでヘリコプター衝突事故が発生し、一時下落する場面も見られたが、終日堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で108円40銭台ユーロ円で122円60銭台で推移している。

 

SQ前の水曜は荒れると言われるが今週は世の可能性が高そうだ。

ここでのリバウンドは間違い無いと思うが、米国の利下げは日本と金利差がなくなるため為替動向を考えると、高いところで為替でヘッジを入れるのも一つの選択肢と考えたい。

 

先週金曜日のNY市場は上昇。ダウは263ドル高の25983ドル、ナスダックは128ポイント高の7742ポイント。
S&Pも29ポイント上げて2873で取引を終了した。

米労働省が朝方発表した5月の米雇用統計は、景気動向を反映する非農業部門の就業者数が前月比7万5000人増と、
市場予想(18万5000人増)を大幅に下回った。

景気下支えのためにFRBが早期の利下げに動くとの観測に弾みが付き、株価を押し上げた。また、米国とメキシコの協議の進展が伝えられ、対メキシコ関税が回避される可能性が高まったことも安心感につながった。

直近の為替レートは、ドル円で108円40銭台ユーロ円で122円80銭台で推移している。

メキシコからの輸入品関税の上乗せの判断は慎重にならざる終えないのは先日書いた。

中国とは違って地政学的にも米国は大きな被害を被る。米中通商摩擦はすでに1年間経っているが地区別失業率を見ても輸出産業の多い州に落ち込みは見受けられない。

トランプ氏はここから選挙に向けて中国たたきに来る可能性があるだけに日本にとっては厄介な状況といえるだろう。

ここでの短期リバウンドで25日線を抜けておきたいところ。

 

昨日のNY市場は上昇。ダウは181ドル高の25720ドル、ナスダックは40ポイント高の7615ポイント。S&Pも17ポイント上げて2843で取引を終了した。

FRBによる利下げ期待が強まるなか、ECBが政策金利を20年半ばまで据え置くとしたものの、ドラギ総裁の会見を受けて当局が金融緩和に積極的ではないとの見方が広がり、寄付き後からもみ合う展開となった。

その後は、原油相場の上昇が好感されたほか、トランプ政権がメキシコとの移民政策を巡る交渉を進めるため、同国への関税引き上げ延期を検討していることが伝わり、引けにかけて堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で108円30銭台ユーロ円で122円20銭台で推移している。

 

6月の注目とした先週の推奨銘柄はわずか1週間で5割上昇となった。

今週注目の銘柄も徐々にメディアにも取り上げられてきていつ吹き上がってもおかしく無い状況と考えている。

昨日のNY市場は上昇。ダウは207ドル高の25539ドル、ナスダックは48ポイント高の7575ポイント。
S&Pも22ポイント上げて2826で取引を終了した。

5月ADP雇用統計が予想を大幅に下振れ、FRBによる利下げ期待が強まり、買いが先行。

ベージュブックでは、前回に比べて米経済が広範に拡大したことが指摘され、堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で108円20銭台ユーロ円で121円50銭台で推移している。

 

今日の東京株式市場は、米国株の続伸を受けて若干高で始まり堅調な動きが予想される。

ただ明日は週末、米中貿易摩擦の動向次第で動く相場なので注意が必要。

昨日メンバーに出した銘柄は昨日も続落で良い買い場だったと判断している。

ここから下は限定的なだけにローリスク、ハイリターンを望めるのではないだろうか。

昨日のNY市場は上昇。ダウは512ドル高の25332ドル、ナスダックは194ポイント高の7527ポイント。
S&Pも58ポイント上げて2803で取引を終了した。

中国政府が貿易摩擦問題で米国との対話による交渉を求め、これが好感されて、貿易摩擦への警戒感が後退し、買いが先行。

パウエルFRB議長が、必要であれば利下げに動く可能性を示唆したこともあり、終日堅調となった。

直近の為替レートは、ドル円で108円20銭台ユーロ円で121円70銭台で推移している。

 

今日は米国株の大幅高や円高の一服を受けて、東京株式市場は大きく上げて始まり堅調な動きとなりそうだ。

しかしながらNYで材料視されたものは全て可能性というのはやはり信用しにくい

 

昨日のNY市場はまちまち。ダウは4ドル高の24819ドル、
一方、ナスダックは120ポイント安の7333ポイント。S&Pも7ポイント下げて2744で取引を終了した。

前週の株価下落を受けた買い戻しの動きが広がる一方で、5月ISM製造業景況指数が予想を下振れるなど、S&P500やダウは朝方からもみ合う展開となった。

ナスダック総合指数はハイテク大手への独禁法違反での調査への懸念から売りが広がり、大幅下落となった。

中国やメキシコとの貿易摩擦が懸念されたほか、米国債イールドカーブ(長短金利差)が再び逆転し、世界経済の減速懸念から上値の重い展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で107円90銭台ユーロ円で121円40銭台で推移している。

外人のショートポジション、日銀で買い戻しの流れに変化が出ないとここから抜け出せそうもない。

個別はこの流れさえつかめばさほど難しくなく同じ銘柄を回転させて利益を出せる状況も暫く続きそうだ。

先週金曜日のNY市場は大幅反落。ダウは354ドル安の24815ドル、
ナスダックは114ポイント安の7453ポイント。S&Pも36ポイント下げて2752で取引を終了した。

トランプ米大統領がメキシコからの全ての輸入品に制裁関税を課すと表明したことを嫌気し、大幅反落。

また中国商務省の報道官は31日、中国企業の権益を損ねる外国企業などを対象とした「信頼できない企業」のリストを作成すると表明。
米中貿易摩擦の激化懸念から株価全体が押し下げられた。

直近の為替レートは、ドル円で108円20銭台ユーロ円で120円90銭台で推移している。

 

今週はFRBで利下げに関する発表があれば、安堵感からある程度リバウンドも起こりやすくなるでと思われる。

今回の暴落でメキシコの関税が米国にとって中国より影響があることが理解出来る。

自動車産業が巻き込まれるため大型の自動車株を含むアメリカのインデックスの構成を考えると米国に取っても大きな痛手となる。

5%以上の課税は慎重にならざるおえない。

ただ、日本に矛先が向く可能性もありトランプ氏の言動は要注意。

 

昨日のNY市場は上昇。ダウは43ドル高の25169ドル、ナスダックは20ポイント高の7567ポイント。
S&Pも5ポイント上げて2788で取引を終了した。

米長期金利の低下が一服し、金融株などに買い戻しが先行。しかし、中国政府が貿易摩擦の高まりを背景に
米国産大豆の購入を保留したことから、投資家心理が悪化した。

米長期金利が引けにかけて再び低下したほか、原油相場の下落が嫌気され上値の重い展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円50銭台ユーロ円で121円90銭台で推移している。

 

今週の日本株の軟調はすでに分かりきって実際その通りとなって、個別に関しても売買しやすかった。

週明けはある程度日本株も強い動きを見せると思われ狙う銘柄も多少多く網を張って利益を稼げそうな展開。

 

 

昨日のNY市場は下落。ダウは221ドル安の25126ドル、ナスダックは60ポイント安の7547ポイント。
S&Pも19ポイント下げて2783で取引を終了した。

貿易摩擦問題を巡り、中国が米国への対抗措置としてレアアースの輸出制限を検討していることが報じられ、売りが先行。

レアアースの供給制限は米産業界に大打撃となるほか、米中対立の長期化が世界経済に悪影響を与えるとの見方が強まり
投資家のリスク選好姿勢が後退して終日下落となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円50銭台ユーロ円で122円の飛び台で推移している。

日経平均の終値だけを見ると全面安のような感じではあるが、朝方の崩れ方から日銀の介入もあって踏みとどまった。

全体の3割近くは上昇している。

ピンポイントで銘柄を絞り込んでしっかり利益を取れる状況。