昨日のNY市場は上昇。ダウは346ドル高の25146ドル、ナスダックは51ポイント高の7689ポイント。
S&Pも23ポイント上げて2772で取引を終了した。

ムニューシン財務長官がトランプ大統領に、カナダに対する鉄鋼及びアルミニウムの輸入関税の適用免除を進言していることが報じられ好感された。

また前日の中国政府による700億ドル相当の米農産物・エネルギー購入の提案などとあわせ貿易摩擦を巡る先行き不安が後退し買いが先行。

ハイテク株にも買いが続いており、堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で110円10銭台ユーロ円で129円70銭台で推移している。

 

日経平均は上昇ながらも利益につながらない個人投資家も多い。

原因は異常なほど弱いマザーズ中心の新興銘柄。

原因が分かれば対応できるわけだが、メルカリの上場に向けて投信が投げているとも思えるが、あくまで予想の域を超えない。

そろそろ売りも一巡、反転に向かいそうな気配は感じられ、まずは明日のSQ後に流れが向かってくることを期待してみたい。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは13ドル安の24799ドル、一方、ナスダックは31ポイント高の7637ポイント。
S&Pも1ポイント上げて2748で取引を終了した。

昨日の株価上昇を受けて利益確定の動きが広がる一方で、最高値を更新したマイクロソフトやアップルを中心にハイテク株への買いが続き、小幅な値動きに終始する展開となった。

中国政府が、米政府が関税方針を撤回する見返りに700億ドル相当の米農産物・エネルギー購入を提案するなど、貿易摩擦問題を巡る米中間の緊張が緩和が好感された。

直近の為替レートは、ドル円で109円80銭台ユーロ円で128円70銭台で推移している。

 

米国株もここら辺で一旦は売り込まれる可能性もあるのでここは慌てずポジションを上げるのはもう暫く待った方が良さそうだ。

新規注目銘柄を組み込むなら入れ替えて銘柄は増やさずおきたい。

昨日のNY市場は続伸。ダウは178ドル高の24813ドル、ナスダックは52ポイント高の7606ポイント。
S&Pも12ポイント上げて2746で取引を終了した。

新たな手掛かりは乏しかったものの、前週末1日に堅調な米雇用統計やイタリア新政権の発足を受けて上向いた投資家のリスク選好意欲が継続した。

一方で、米国の保護主義的な通商政策に対する懸念がくすぶり、上値は重かった。米政府が前週発表した鉄鋼・アルミニウムの輸入制限の適用拡大や米中貿易摩擦の問題は好転の兆しが見えず警戒感が生まれている。

直近の為替レートは、ドル円で109円80銭台ユーロ円で128円50銭台で推移している。

 

 

昨日の日経平均の上昇の割に新興は置いてかれた形だが本日はさすがに動きが活発になるはず。

今週の注目株は昨日も大幅上昇だがここでの勝負は短期でどこまで利益を叩き出せるかが重要。

現状はリスクは二の次で大きく吹き上がる可能性のあるものを狙っていくべき。

 

先週末のNY市場は反発。ダウは219ドル高の24635ドル、ナスダックは112ポイント高の7554ポイント。
S&Pも29ポイント上げて2734で取引を終了した。

発表された5月の雇用統計は、失業率が3.8%と前月(3.9%)から低下し、2000年4月以来18年1カ月ぶりの低水準となった。

非農業部門の就業者数も季節調整済みで前月から22万3000人増え、市場予想の18万8000人増を上回った。

堅調な雇用統計を受けて景気の先行きに楽観的な見方が広がり、幅広い銘柄に買いが入った。

直近の為替レートは、ドル円で109円50銭台ユーロ円で127円70銭台で推移している。

 

米国にとって利上げは外部要因に左右されることはないので素直に利上げは実施れるのはず、すでに相場もそれを織り込んだ状態。

米国雇用統計を見てもアメリカの底堅さは揺るぎそうもない。

日本株で要注意はやはり為替となりそうだ。

昨日のNY市場は下落。ダウは251ドル安の24415ドル、
ナスダックは20ポイント安の7442ポイント。S&Pもポイントで取引を終了した。

トランプ政権が、EUやカナダ、メキシコ製の鉄鋼及びアルミニウムの輸入関税発動を発表し、各国が報復措置を表明するなど貿易戦争への懸念が強まり、終日軟調推移となった。

原油相場の下落も嫌気された。

直近の為替レートは、ドル円で108円80銭台ユーロ円で127円30銭台で推移している。

 

今日から6月入りで週末とはいえ通常ならある程度手当て買いが入ってくる場面。

後場から下がるようなら来週も日本株は軟調になる可能性あり。

昨日のブログには銘柄を一つ買いているが、材料があり期限が決まった銘柄は勝負期間が決まっているだけに白黒つきやすいので割り切って勝負できるのでここは狙い目。

低位の個別で勝負をする場面でここまで順調に利益を積み上げているが、ながれがこのまま続くようなら、あといくつか短期吹き上がる銘柄に資金を投入したいところ。

昨日のNY市場は上昇。ダウは306ドル高の24667ドル、
ナスダックは65ポイント高の7462ポイント。S&Pも34ポイント上げて2724で取引を終了した。

イタリアの政局不安が一服し、投資家心理が持ち直したことで買いが先行。米国債利回りの上昇を受けて金融関連銘柄を中心に
買い戻しが広がったほか、原油高も好感され、終日上昇となった。

直近の為替レートは、ドル円で108円80銭台ユーロ円で127円の飛び台で推移している。

 

昨日の日経平均は寄り付きから300円超の下落となり、想定以上に振り幅が大きそうだが下値22000円を意識をした動きでまずは予想通りの下落。

また予想通り今週注目の短期材料株4712は大きく吹き上がって6月に突入となった。

しばらくは個別の材料株に勢いが見られそうなのでいち早く情報を得て、まずは波に乗れるかが勝負。

昨日のNY市場は大幅下落。ダウは391ドル安の24361ドル、
ナスダックは37ポイント7396ポイント。S&Pも31ポイント下げて2689で取引を終了した。

メモリアルデーの祝日明けだったこの日のダウは、イタリア政局混迷を受けた欧州株安を引き継ぎ、序盤から売りが先行。

リスク回避ムードが強まる中、安全資産とされる米国債買いで長期金利が大幅低下するのを眺め、利ざや縮小が懸念される金融株に売りが集まった。

トランプ米政権が午前、知的財産権侵害を理由に中国製品に追加関税を課す貿易制裁の継続方針を打ち出したことも、投資家心理を悪化させた。

直近の為替レートは、ドル円で108円50銭台ユーロ円で125円30銭台で推移している。

 

イタリアの問題も今更感があるが比較的EUでの問題は反応が鈍く長引く事が多かっただけに楽観視せずにここはポジションを整理するつもりで考えていきたい。

 

 

 

昨日のNY市場はメモリアルデーのため休場

直近の為替レートは、ドル円で109円40銭台ユーロ円で127円10銭台と円高で推移している。

 

市場では手掛かり材料難が続いてるが、兜町の相場師の年間注目セクターの仮想通貨関連は昨日も大きく上昇。

材料難だけに人気が集中する場面でもあるので関連銘柄を手広くして吹き上がりで遅れず手仕舞いと考えている。

先週末のNY市場はまちまち。ダウは58ドル安の24753ドル、一方、ナスダックは9ポイント高の7433ポイント。S&Pは6ポイント下げて2721で取引を終了した。

イランやベネズエラからの原油供給減を補うためロシアとサウジアラビアが産油制限を緩めるとの報道で、WTI原油先物が67ドル台に急落。

米朝首脳会談の中止や米中間の貿易摩擦問題、さらにイタリアやスペインの政情不安も台頭し、
投資家の先行き警戒感も強まった。

直近の為替レートは、ドル円で109円60銭台ユーロ円で128円10銭台で推移している。

 

先週は米朝首脳会談の延期で動揺の日本株ではあるがそもそも米国ではほとんど話題にならない案件、どちらかというとイラン情勢の方が何倍も重要なわけでこちらの方を注目すべき状態と考えている。

昨日のNY市場は下落。ダウは75ドル安の24811ドル、ナスダックは1ポイント安の7424ポイント。
S&Pも5下げて2727ポイントで取引を終了した。

トランプ大統領が米朝会談の中止を表明し、地政学リスクへの警戒感から売りが先行。

またトランプ政権が自動車・自動車部品に最大25%の関税導入を検討していることが報じられ、
貿易戦争への懸念が強まった。

一方、前日のFOMC議事録を受けた長期金利の下落により、引けにかけて下げ幅を縮小した。

直近の為替レートは、ドル円で109円10銭台ユーロ円で127円90銭台で推移している。

 

昨日も日経平均も下がる中注目している銘柄は軒並み上昇。

大きく上昇した銘柄も少なくないが好業績にもかかわらず下げた銘柄なのでここでの上昇は当たり前かもしれない。

週末ということもあり米朝会談の中止で米国のみならず中国の出方も気になるところ。

一過性の下げではあると想定するがまずは安全圏までポジション落として軍事、防衛を買って来週を待ちたい。