昨日のNY市場は上昇。ダウは240ドル高の24505ドル、ナスダックは34ポイント高の7076ポイント。
S&Pも18ポイント上げて2662で取引を終了した。

中国の報復関税措置を受けて、クドロー米国家経済会議委員長が、米中両国間での貿易戦争の可能性を強く否定したことから、米中貿易摩擦への警戒感が後退し買いが先行。

1-3月期決算発表シーズンを来週に控えて、業績期待から買い戻しが広がったほか、長期金利の上昇も好感され、終日堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で107円40銭台ユーロ円で131円40銭台で推移している。

指数は小じっかりで大きく崩れそうもないのような展開だが市場動向は好転しているとは言い難い。

今予想できるのはいい気な暴落より真綿で締められるような嫌な下げが起こる可能性も考えられる。

従って無理さえしなければ現状でのリスクは少ないと考え個別で狙っていくのがいい手法。

昨日のNY市場は上昇。ダウは230ドル高の24264ドル、
ナスダックは100ポイント高の7042ポイント。S&Pも30ポイント上げて2644で取引を終了した。

中国政府が報復措置として、米国からの自動車や航空機などの輸入品に総額約500億ドル相当の追加関税を課す方針を発表し貿易戦争へと発展することを懸念し、大幅下落して始まった。

その後は関税発動のタイミングや、交渉余地が残るとの見方から緩やかに下げ幅を縮小し、引けにかけて上昇に転じる展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で106円70銭台ユーロ円で131円10銭台で推移している。

NY株の底打ち感からドル円レートも落ち着き今日も昨日と同じような展開が予想される。

しかしなら5月決算までは少し時間があるのでこのまま凪になるとも思えない。

個別材料の動きを見ると勝負を早くつけたがっているようにも思えるので吹き上がりは利益確定、緩みを拾って同じ銘柄を回転させtもいい感じ。

昨日のNY市場は反発。ダウは389ドル高の24033ドル、ナスダックは71ポイント高の6941ポイント。
S&Pも32ポイント上げて2614で取引を終了した。

米中貿易摩擦への警戒感が広がるなか、寄付き後は揉み合う展開となったものの、前日に売り込まれたハイテク株に買い戻しの動きが広がったほか、3月新車販売台数が好調となり、引けにかけて上げ幅を拡大した。

直近の為替レートは、ドル円で106円60銭台ユーロ円で130円80銭台で推移している。

現在注目の銘柄は昨日も吹き上がり本日も同じ動きで大きく利益が取れそうだ。

現状では指数は無視して相場を見ていける状況なのでまずは個別で大きく利益を出したいところだ。

昨日のNY市場は大きく下落。ダウは458ドル安の23644ドル、
ナスダックは190ポイント安の6870ポイント。S&Pも58ポイント下げて2581で取引を終了した。

中国が米国製品130品目に対する報復関税策の実施に踏み切ったことで貿易摩擦への懸念が拡大し、売りが先行。

トランプ大統領によるアマゾンの納税を巡る批判にマルコ・ルビオ共和党議員が同調したほか、テスラ・モーターズが、自動運転車を巡る死亡事故の調査内容を先行開示したことに当局が難色を示し、課税・規制強化への警戒感から
ハイテク企業が売り込まれ、終日大幅下落となった。

直近の為替レートは、ドル円で105円80銭台ユーロ円で130円20銭台と円高模様で推移している。

まぁ、アマゾンを批判する気持ちも分からないわけではないが、考え方が後ろ向き。

ただ有権者の方を向こうとする姿勢は日本の政治家よりはマシなのかもしれない。

先週末のNY市場はイースターで休場。

直近の為替レートは、ドル円で106円20銭台
ユーロ円で130円90銭台で推移している。

本日に限っては大きな変動はないだろうが、週末に米商務省から関税品目の発表がある。

一時に比べて過度な警戒感は後退しているものの、米中貿易摩擦が大きくかる可能性を秘めた二日新甫の4月であることは念頭に入れておきたい。

昨日のNY市場は反発。ダウは254ドル高の24103ドル、ナスダックは114ポイント高の7063ポイント。
S&Pも35ポイント上げて2640で取引を終了した。

この日もトランプ氏がツイッターでアマゾンを批判したものの、値頃感から同社を含むハイテク株に買い戻しが入り、相場全体を押し上げた。堅調な原油相場を好感してエネルギー株にも買いが集まった。

直近の為替レートは、ドル円で106円40銭台ユーロ円で139円90銭台で推移している。

ここに来て為替が円安に傾く理由が探し出せないがあまり急激な円安は赤鬼を刺激しかねないので要注意かもしれない。

昨日のNY市場は下落。ダウは9ドル安の23848ドル、ナスダックは59ポイント安の6949ポイント。
S&Pも7ポイント下げて2605で取引を終了した。

10-12月期GDP確定値や、2月中古住宅販売仮契約指数が予想を上振れたものの上値は限られた。

トランプ大統領がアマゾンに対してアンチトラストの適用や課税強化を検討していると報じられたほか、ウーバーの自動運転車を巡る死亡事故による半導体企業への影響も根強く、引き続きハイテク株を中心に売りが広がり、ナスダックは続落となった。

直近の為替レートは、ドル円で106円80銭台ユーロ円で131円40銭台とドル高で推移している。

実質新年度相場、本日の強さが週末の明日続くようなら中期では狙い目、長期は未だ要注意かもしれない。

昨日のNY市場は大幅反落。ダウは344ドル安の23857ドル、
ナスダックは211ポイント安の7008ポイント。
S&Pも45ポイント下げて2612で取引を終了した。

水面下で始まった米中交渉の進展への期待感から「貿易戦争」への
過度の警戒が後退して27日もダウは一時240ドル超上昇する場面があった。

しかしウーバー・テクノロジーズの自動運転車の死亡事故や
フェイスブックの個人情報が不正利用されていた問題などを受け
高い技術力を背景に好業績期待が高かったハイテク株の信頼度が揺らぎ
ハイテク銘柄が総崩れとなりダウは終盤500ドル近く下落した。

直近の為替レートは、ドル円で105円30銭台
ユーロ円で130円50銭台で推移している。

 

今日の配当落ちを考えると持ち越しにくい状況。

指数も方向性は掴みにくい。となれば個人が動くのは低位の仕手性のある銘柄。

昨日のNY市場は大きく反発。ダウは669ドル高の24202ドル、ナスダックは227ポイント高の7220ポイント。S&Pも70ポイント上げて2658で取引を終了した。

貿易戦争の回避に向けて米中高官が交渉を開始し、貿易摩擦への警戒感が緩和したことで、先週の株価下落を受けた買い戻しの動きが先行となった。

中国側が米国製半導体の購入拡大を検討していることも報じられ、ハイテク株を中心に大幅上昇となった。

直近の為替レートは、ドル円で105円30銭台ユーロ円で131円20銭台と円安で推移している。

 

大きく下げた後のリバウンド、まだ方向性が出ている状況ではなく、リバウンドで手仕舞うくらいなら暴落前に動いておくのが正解。

ここは仕手株の買い場と考えたい所

先週末のNY市場は続落。ダウは424ドル安の23533ドル、
ナスダックは174ポイント安の6992ポイント。S&Pも55ポイント下げて2588で取引を終了した。

トランプ政権による制裁関税策やWTOへの提訴に対する報復として、中国が米国産の豚肉や果物などに追加関税を課す計画を発表したことで貿易摩擦への懸念が強まり、もみ合う展開となった。

その後、トランプ大統領が拒否権発動を示唆していた歳出法案に署名し上昇する場面もあったが、
中国による米国債購入の減額検討や、ロシアの報復措置の報道を受け、引けにかけては下げ幅を拡大する展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で104円60銭台ユーロ円で129円30銭台で推移している。

日本も対象の鉄鋼、アルミニウム輸入制限が相場を左右するような話が出ているが、問題は米中の小競り合い。これで済めば大きな問題にはならないだろうが、行き過ぎるととんでもないことが起きるのでまずは半身の姿勢で臨むのがよさそうだ。