昨日のNY市場はまちまち。ダウは192ドル高の26651ドル、一方ナスダックは9ポイント安の8037ポイント。
S&Pは10ポイント上げて2924で取引を終了した。

NAFTA再交渉が合意に至り、先行き不透明感が払拭され、買いが先行。9月のマークイット製造業PMIが予想を上振れたほか、
ISM製造業景況指数も概ね堅調な内容となり、堅調推移。

一方で、ハイテク株の割合の多いナスダック総合指数は引けにかけて上げ幅を縮小し下落に転じた。

直近の為替レートは、ドル円で113円90銭台ユーロ円で131円90銭台で推移している。

 

ノーベル医学生理学賞に京都大名誉教授の本庶佑氏が決定した。

本庶氏が取るとすると昨年と考えていただけに今年は難しいかと思ったが、まずは嬉しいニュースが出てきた。

今日は個別もしっかりした動きを見せるのもが多いうと思うが小型株は日経平均が押す場面には大きく下落する傾向があるだけにそろそろ利益確定させて出遅れ銘柄に移していくのが好ましいと考えている。

 

 

 

先週末のNY市場はまちまち。ダウは18ドル高の26458ドル、ナスダックは4ポイント高の8046ポイント。
S&Pはほぼ変わらずの2913ポイントで取引を終了した。

欧州株安の流れを受けて軟調にスタートしたが、主要3指数はほぼ変わらずで終了した。

直近の為替レートは、ドル円で113円70銭台ユーロ円で132円の飛び台で推移している。

 

現状の日本株は米国に沿って動いている。主体の外国人投資家はおそらく今週末の米国雇用統計で大きく動く可能性が考えられる。

ここは利益確定、銘柄入れ替えの重要な週と考えられる。

昨日のNY市場は上昇。ダウは54ドル高の26439ドル、
ナスダックは51ポイント高の8041ポイント。
S&Pも8ポイント上げて2914で取引を終了した。

4-6月期GDP確定値が予想に一致したほか、
週間新規失業保険申請件数や8月耐久財受注も堅調な内容となり、
買いが先行。

前日のFOMCで12月の利上げが織り込まれ、堅調推移となったものの、
トランプ大統領が連邦最高裁判事に指名したブレット・カバノー氏の
性的暴行を告発した女性と同判事の公聴会での発言を見極めたいとの思惑から、
引けにかけて上げ幅を縮小する展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で113円30銭台
ユーロ円で131円90銭台で推移している。

 

昨日のNY市場は下落。ダウは106ドル安の26385ドル、
ナスダックは17ポイント安の7990ポイント。S&Pもポイントで取引を終了した。

米中貿易摩擦への懸念が広がるなか、FOMCの追加利上げを確実視する見方が優勢となり、買いが先行した。

注目のFOMCでは大方の予想通り、政策金利が引き上げられ貿易摩擦問題の長期化でも景気判断は変わらず、12月の利上げ可能性が高まった。

しかし、金融政策については「緩和的」という表現が声明文から削除され、当局による利上げ方針が終了間近であるとの見方から長期金利が低下。金融セクターに売りが広がり、引けにかけて下落する展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で112円70銭台ユーロ円で132円40銭台で推移している。

 

昨日の日経平均は前日比93円高、終値で24000円台を回復となったが配当落ち分を加味すると、200円以上の上昇と

やはり強さが感じられる。

日米貿易交渉で波乱が無ければ中期的には、このまま上昇に加速がつく可能性もありそうだが、投資効率を考え、目先は短期材料株を狙ってみたいところ。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは69ドル安の26492ドル、一方、ナスダックは14ポイント高の8007ポイント。
S&Pも3ポイント下げて2915で取引を終了した。

原油相場の続伸を受けて買いが先行したものの、米中貿易摩擦への懸念や、明日のFOMC発表を見極めたいとの思惑から、
S&P500及びダウは上げ幅を縮小し下落に転じた。

直近の為替レートは、ドル円で112円90銭台ユーロ円で132円90銭台で推移している。

 

全体的に底上げの状況で逆風も跳ね返すくらいの勢いが感じられる。

毎日がこのような展開なら楽なのだがそうもいかないだろう。

まずは利益を確定させる銘柄の順番を決めてゆっくりその時を待ちたい。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは181ドル安の26562ドル、一方、ナスダックは6ポイント高の7993ポイント。
S&Pも10ポイント下げて2919で取引を終了した。

米中両国がお互いの輸入品に対する関税引き上げを実施したほか、中国が米国との通商協議を中止するなど貿易摩擦悪化への警戒感から売りが先行。

翌日から開催されるFOMC結果を見極めたいとの思惑やハイテク株の上昇で下値は限られたものの、ダウ及びS&P500は軟調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で112円70銭台ユーロ円で132円50銭台で推移している。

 

ダウは、2000億ドルの制裁関税が発表さ、利益確定の売りが出てきた。

今週は4日商いで様子見気分からどちらに転ぶかちょっと注意が必要かもしれない。

昨日のNY市場は上昇。ダウは251ドル高の26656ドル、ナスダックは78ポイント高の8028ポイント。
S&Pも22ポイント上げて2930で取引を終了した。S&P500及びダウは史上最高値を更新。

週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数が予想を上振れるなど、米経済の堅調さが示され、買いが先行。

米中貿易摩擦の懸念後退により投資家心理がやや改善したことから、終日上昇となった。

直近の為替レートは、ドル円で112円40銭台ユーロ円で132円40銭台で推移している。

下げる要因もない事でここにきて空売り筋の買い戻しで株価が上昇したような強さはないが株価は上昇といった展開。

とはいえ5日連続ならこのあたりで一服感が出てもおかしくない。

昨日はここにきて仕手株が動き出してきた。次に動きがでそうな銘柄に先回りして網を張っておくのもいいのではないだろうか。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは158ドル高の26405ドル、ナスダックは6ポイント安の7950ポイント。
S&Pもポイントで取引を終了した。

米中貿易摩擦の過度な警戒感が一服し、アジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行。

 

日経平均は予想通り大幅に4日続伸となった。ここまでくると買っていない人は焦り出す。

逆に上昇した人は3連休控え利益確定も考える場面。

昨日は流れの方向性に変化が見られたが、安倍政権続投もほぼ決まり、寄り付き軟調な日経平均の今日の動き次第で来週の方向が見えて来る。

今週初めに打診でも何でも今週は買っていくべきと書いたがここからは再度見直すタイミング。

そーせいが暴落の状況のマザーズがここで足場を固められるか、日経平均が下降した時に一緒に下落するのか、まずは今日の後場から注目したいところ。

 

昨日のNY市場は上昇。ダウは184ドル高の2624ドル、ナスダックは60ポイント高の7956ポイント。
S&Pも15ポイント上げて2904で取引を終了した。

前日トランプ政権が中国からの輸入品2000億ドル相当への関税引き上げを24日より実行すると発表したものの、当初の予定より緩やかな関税引き上げとなったほか、対象品目から一部ハイテク機器が除外されたことから経済への悪影響は限定的との見方が広がり、買いが先行。

原油相場の上昇が好感され、ハイテク株にも買い戻しが広がり、終日上昇となった。

直近の為替レートは、ドル円で112円430銭台ユーロ円で131円10銭台で推移している。

 

ここでの上昇は比較的安易に想像できたし、上昇するセクターも予想通り。

このような簡単な相場が続けば問題がないわけだが、ここはまずは投資効率重視で次に考えるのは

緩みのタイミング。

損失は小さく、利益は大きくを再度心がけたい所。

昨日のNY市場は下落。ダウは92ドル安の26062ドル、ナスダックは114ポイント安の7895ポイント。
S&Pも16ポイント下げて2888で取引を終了した。

中国が米国が提案した通商交渉再開の拒否を検討している
と報じられ、売りが先行。

マーケット終了後にトランプ政権が中国からの輸入品2000億ドル相当への関税引き上げについて発表する予定で、対中貿易摩擦の深刻化が嫌気され、軟調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で111円70銭台ユーロ円で130円50銭台で推移している。

 

ようやく23000円奪還も相場に活気は戻っておらず弱気が伺えるが、現状の底値圏で下値も切りあがってきている状況、安倍氏も続投濃厚で為替も安定した状況で、下がる理由は非常に限られている。