先週末のNY市場は。ダウは208ドル安の25871ドル、
ナスダックは3ポイント高の9946ポイント。
S&Pは17ポイント下げて3097で取引を終了した。

米国のポンペオ国務長官と中国の楊共産党政治局員によるハワイでの非公式会合で、中国が第1段階貿易合意である
米農産物購入を確約したことが好感材料となり上昇して寄り付いた。

その後、フロリダ州やカリフォルニア州などのウイルス感染者数の連日急増が伝えられると下落に転じた。

直近の為替レートは、ドル円で106円80銭台ユーロ円で119円40銭台で推移している。