先が見えない状況はツッコミ買い

昨日のNY市場は続伸。ダウは526ドル高の26289ドル、ナスダックは169+ポイント高の9895ポイント。
S&Pは58ポイント上げて3124で取引を終了した。

5月小売売上高が過去最大の伸びを記録したことや低コストの抗炎症薬でウイルス重症患者の生存率を高めることが明らかとなったほか、トランプ政権が1兆ドル規模のインフラ支出を検討しているとの報道が好感されて急伸して寄り付いた。

その後、中国が感染の再燃でウイルス対策の水準を引き上げ、また、米国でもテキサス州やフロリダ州で感染者数や入院患者数の増加が伝えられると上げ幅を縮小した。

しかし、パウエルFRB議長が上院銀行委での証言で、回復が軌道に乗るまでゼロ金利を維持する方針を繰り返したため引けにかけては再び上昇が加速する展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で107円30銭台ユーロ円で120円80銭台で推移している。

激しい動きをする状況だが方向性が見えない中では下げても戻るということを念頭に、ただし1発で決めるのはリスクが高いので注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA