昨日のNY市場はまちまち。ダウは300ドル安の27272ドル、
ナスダックは29ポイント高の9953ポイント。S&Pは25ポイント下げて3207で取引を終了した。

米国の4月JOLT求人件数が2014年来で最小を記録し速やかな回復期待が後退、投資家心理の悪化で下落して寄り付いた。

一方で、主要ハイテク株に買いが広がり、ナスダック総合指数は日中、節目となる1万ポイントを上回り下支えする形となった。

直近の為替レートは、ドル円で107円70銭台ユーロ円で122円10銭台で推移している。

指数の強さが目立つ状況で人によっては非常に楽な相場だろうし、人によっては難解な相場環境。

まずは利益をとった物が勝ちだとすればあまり難しく考えず見ていくのも相場の楽しみ方なのかもしれない。