しばらくは上値は軽い

昨日のNY市場は反発。ダウは369ドル高の24575ドル、ナスダックは190ポイント高の9375ポイント。
S&Pは48ポイント上げて2971で取引を終了した。

大手小売各社の好調な決算発表を受けて、上昇して寄り付いた。全米50州で一部経済活動について規制の緩和や再開が発表されたほか、4月開催のFOMC議事録で、連銀が追加緩和に前向きである方針が確認され、
引けにかけても堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で107円60銭台ユーロ円で118円10銭台で推移している。

昨日の上昇で節目の21000円が見えてきた。そこまでは障害も少なくこの状況であればそこまではあっさり行きそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA