昨日のNY市場は上昇。ダウは115ドル高の29348ドル、ナスダックは84ポイント高の9817ポイント。
S&Pは15ポイント上げて3386で取引を終了し、ナスダックとS&Pは史上最高値を更新した。

中国は19日、新型コロナウイルスによる肺炎の死者数が2000人を超えたと発表。依然厳しい状況が続いているが、
このところ、新たな感染者数は減少している。新たな死者数も18日には100人を下回った。

市場では、感染拡大のペースが鈍化しているとの見方が強まり、投資家のリスク選好が回復した。

また、中国政府が新型肺炎の影響を受けた企業などへの支援策を打ち出すとの観測が広がったのに加え、中国人民銀行が利下げに動くとの期待も高まった。

直近の為替レートは、ドル円で111円20銭台ユーロ円で120円20銭台で推移している。

国内では徐々に感染者が増えており企業業績への悪影響を見極める必要もあることから、まだしばらく上値は重そうだ。