7日の日経平均は前日の米国株は上昇したものの、寄り付きは小幅高だったが終値は45円安の23827円と4日ぶり反落。

週末のNY株は良好な結果であった雇用統計だったがFRBの金融政策報告書で「新型肺炎による中国景気の混乱は、
世界景気にも広がる可能性がある」と指摘もありダウは277.26ドル安の2万9102.51ドル、ナスダックも51.64ポイント安の9520.51ポイントと反落。

 

今週の日経平均は先週の上げ方が極端だったため一定の反動は考えられる展開。
日本は明日が休場となるため本日のところは様子見気分が出ると思われる。