昨日のNY市場は上昇。ダウは483ドル高の29290ドル、ナスダックは40ポイント高の9508ポイント。
S&Pは37ポイント上げて3334で取引を終了し終値での史上最高値を更新した。

中国の大学が新型コロナウイルスによる肺炎に効果的な治療薬を発見したとの報道を受け、アジア・欧州株が全面高となり、買いが先行。

1月ADP雇用統計が15年5月以来の大きな伸びとなったほか、ISM非製造業指数も予想を上回る堅調な内容となり、
終日堅調となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円70銭台ユーロ円で120円70銭台で推移している。

日経平均は大幅上昇とはなったが、買いは続かず、陰線で引けた。
まずは25日線23600円あたりまで素直に上昇すれば下値不安は相当和らぐのではないだろうか。