昨日のNY市場は上昇。ダウは124ドル高の28859ドル、ナスダックは23ポイント高の9298ポイント。
S&Pは10ポイント上げて3283で取引を終了した。

コロナウィルスによる感染拡大が中国経済への重しになるとの見方から、アジア・欧州株が全面安となり、米国株にも売りが先行。

WHOが緊急事態を宣言したことから軟調推移となったが、マーケット終了後に予定される主要企業決算を見極めたいとの思惑から引けにかけて下げ幅を縮小し、上昇に転じた。

直近の為替レートは、ドル円で108円90銭台ユーロ円で120円10銭台で推移している。

昨日の予想では米国株が落ち着きつつある中、日本株も個別を見直すことで出直り基調に入ると判断していたがここまでくるともう一段の下押しがあると考える必要がある。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは11ドル高の28734ドル、ナスダックは5ポイント高の9275ポイント。
一方、S&Pは2ポイント下げて3273で取引を終了した。

複数の主要企業決算が好感され、買いが先行。注目のFOMCでは、大方の予想通り政策金利が据え置かれた。

雇用拡大や家計支出の増加を理由に足元の米景気に一定の自信を示したが、弱含むインフレや海外動向を見極めたいとの思惑から、今後も政策金利の据え置きを示唆した。

発表後も株価は堅調に推移したものの、引けにかけて上げ幅を縮小した。

直近の為替レートは、ドル円で108円90銭台ユーロ円で120円の飛び台で推移している。

下げ止まり感は出てきており、今日それなりの戻りが見られるようなら大きく戻す可能性に期待が持てる。

昨日のNY市場は反発。ダウは187ドル高の28722ドル、ナスダックは130ポイント高の9269ポイント。
S&Pは32ポイント上げて3276で取引を終了した。

新型コロナウイルスによる肺炎の死者は100人を超え、患者数は4600人を突破。中国本土以外でも患者は17カ国・地域の60人以上に拡大した。

ただ、訪中したWHOのテドロス事務局長が「中国が取る措置を断固支持する」と述べたことなどを受け、この日の市場では警戒感が幾分緩和した。

米企業業績への期待感と、前日に急落していた反動もあり、朝方から買い戻しの動きが優勢となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円20銭台ユーロ円で120円40銭台で推移している。

パニック的な下げも昨日の動きを見る限りひと段落といった感じが伺える。

週末にかけての戻りに期待したところ。

昨日のNY市場は下落。ダウは453ドル安の28535ドル、ナスダックは175ポイント安の9139ポイント。S&Pは51ポイント下げて3243で取引を終了した。

コロナウィルスによる新型肺炎の感染拡大を受けて世界経済鈍化への懸念が強まり、大きく下落して始まった。欧州株価も全面安となるなど投資家心理が悪化しており、終日軟調となった。

中国では新型肺炎の感染拡大防止のため春節の連休が2日延長され、企業の営業休止も長期化する見通しとなり、景気への悪影響が懸念された。

直近の為替レートは、ドル円で108円90銭台ユーロ円で119円90銭台で推移している。

テクニカルで見てもそろそろ切り返しが見られる場面、まずは動きに変化が出るまではじっと待つのがよさそうだ。

 

先週末のNY市場は反落。ダウは170ドル安の28989ドル、
ナスダックは87ポイント安の9314ポイント。S&Pは30ポイント下げて3295で取引を終了した。

米国で2例目の新型肺炎感染が伝わったことなどで、新型肺炎による世界経済原則懸念が強まった。

好決算を発表したインテルやアメリカン・エキスプレスなどが上昇したものの、旅行・レジャー関連株や、金利低下を受けて金融株などが下落した。

直近の為替レートは、ドル円で108円90銭台ユーロ円で120円10銭台で推移している。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは26ドル安の29160ドル、一方、ナスダックは18ポイント高の9402ポイント。
S&Pも3ポイント上げて3325で取引を終了した。

新型コロナウィルスの感染拡大を巡り、中国政府が複数都市での移動制限措置を実施したことから同国経済減速への懸念が強まり、売りが先行。

シンガポールでも感染者が発見されたことも嫌気された。その後、WHOが非常事態宣言を見送ったことから
懸念が和らぎ、引けにかけて下げ幅を縮小した。

直近の為替レートは、ドル円で109円50銭台ユーロ円で121円の飛び台で推移している。

 

週末要因もあり、ポジションの売りが優勢、前日に続き弱含みの展開、大きな下落は無いと思うが無理をする場面ではないのでここは静観だろう。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは9ドル安の29186ドル、
一方、ナスダックは12ポイント高の9383ポイント。S&Pも0.9ポイント高の3321で取引を終了した。

中国の新型肺炎をめぐり、同国政府が封じ込めへの姿勢を示したことで、世界的な感染拡大への過度の懸念が後退。投資家のリスク選好が回復し、反発して取引が始まった。

IBMが発表した10~12月期決算が市場予想を上回ったことで、米主要企業の業績への期待が広がり、幅広い銘柄が買われた。

ただ、午後に入り、米大統領選に向けた民主党の候補指名争いに関する米CNN調査で、左派のサンダース上院議員が首位に立ったと伝わると、株式市場には逆風と評価され、株価は伸び悩み。

世界中で運航停止となっているボーイングの新型機「737MAX」の再開の遅れが懸念されたことも重しとなり、引けにかけてマイナスになった。

直近の為替レートは、ドル円で109円80銭台ユーロ円で121円80銭台で推移している。

肺炎関連は予想どおり昨日で終了。状況次第で再度加熱すると思われるので、まずは熱が冷めてから。

昨日のNY市場は下落。ダウは152ドル安の29196ドル、ナスダックは18ポイント安の9370ポイント。S&Pは8ポイント下げて3320で取引を終了した。

中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎により、アジア株がほぼ全面安となり、米国株にも売りが先行。

ワシントン州で同ウィルスの感染者が確認されたと伝わり、感染拡大への懸念から軟調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円80銭台ユーロ円で121円70銭台で推移している。

昨日のNY市場はキング牧師生誕日のため休場。

直近の為替レートは、ドル円で110円10銭台ユーロ円で122円20銭台で推移している。

 

今日は日銀金融政策決定会合の結果が発表予定となっている。

基本的には大勢に変化はないと思われるが、引け後の黒田総裁会見や、休場明けの米国市場の動向を見極めたいとの見方から、今日の東京株式市場は、様子見ムードの強い地合いとなるのは間違いない。

先週末のNY市場は上昇。ダウは50ドル高の29348ドル、ナスダックは31ポイント高の9388ポイント。S&Pは12ポイント上げて3329で取引を終了した。

米中「第1段階」通商合意署名式を通過した安心感が続くなか、中国や米国の経済指標が好感されたほか、今週から発表がスタートした10-12月期決算がおおむね良好な結果が続いたことも支援となった。

直近の為替レートは、ドル円で110円14銭台ユーロ円で122円10銭台で推移している。

年末から続く半導体相場が依然と続く。春の大相場が感じられる。まずは米国の今週が正念場となるだけに慌てる場面ではないと判断。