半導体の個別狙いでもう少し

昨日のNY市場はまちまち。ダウは36ドル安の28515ドル、ナスダックは7ポイント高の8952ポイント。S&Pは0.6ポイント下げて3223で取引を終了した。

クリスマス・イブで午後1時までの短縮取引。

主要株式指数が過去最高値水準にあることから、利益確定の売りで下落して寄り付いたものの、その後は小幅な値動きでもみ合う展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円30銭台ユーロ円で121円10銭台で推移している。

海外投資家不在の局面で閑散相場となるだけに狙いは絞りやすい状況と考えるとここは勝負どころと言って良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA