いよいよ12月

先週末のNY市場は下落。ダウは112ドル安の28051ドル、ナスダックは39ポイント安の8665ポイント。

S&Pも12ポイント下げて3140で取引を終了した。株価上昇を受けた利益確定の動きから売りが先行。

午後1時までの短縮取引となる中、米国での香港人権・民主主義法案の成立で米中協議の先行き懸念から、

終日軟調推移となった。直近の為替レートは、ドル円で109円40銭台ユーロ円で120円60銭台で推移している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA