セクターより業績重視

昨日のNY市場は上昇。ダウは42ドル高の28164ドル、ナスダックは57ポイント高の8705ポイント。
S&Pも13ポイント上げて3153で取引を終了した。3指数とも3日連続で取引時間中と終値での史上最高値を更新。

朝方はもみ合う展開となったものの、7-9月期GDP改定値が予想を上振れ、好感された。

米中協議進展への期待感が広がるなか、ベージュブックでは、米経済は緩やかに拡大したことが明らかとなり、製造業も回復の兆しが示され堅調推移となった。

しかし、感謝祭の祝日を控えて閑散取引で上値は限られた。

直近の為替レートは、ドル円で109円50銭台ユーロ円で120円50銭台で推移している。

目先は崩れることもなく、相場全体の底上げが行われそうな感じ。

出遅れの銘柄を探して狙ってみたいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA