動きづらい政治背景の時は無理をせず

昨日のNY市場は下落。ダウは54ドル安の27766ドル、ナスダックは20ポイント安の8506ポイント。
S&Pも4ポイント下げて3103で取引を終了した。

米中協議の難航が懸念され、売りが先行。

中国副首相が協議の進展を目指して米国高官を北京に招いたものの、米国側が明確な日程を決定していないことが報じられ、下げ幅は縮小したが、相場を押し上げるには至らなかった。

直近の為替レートは、ドル円で108円60銭台ユーロ円で120円10銭台で推移している。

長い下ヒゲをつけてテクニカルでは5日線も上回っており買いに向かいたい状況ではあるので個別はそれなりに動くものと思われるが、昨日の動きを見ても仕手株の動きも早くなってきている。

ここは無理をせず行きたいところ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA