押し目明けは積極的に

昨日のNY市場は上昇。ダウは115ドル高の27186ドル、ナスダックは27ポイント高の8303ポイント。
S&Pも9ポイント上げて3046で取引を終了し、2日ぶりに過去最高値を更新した。

朝方は、FOMC発表を午後に控えて小動き。

注目のFOMCでは大方の予想通り、政策金利が引き下げられたものの、パウエル議長が今後の利上げには大幅なインフレ率上昇が必要になるとの認識を示し、発表後に上昇。その後は引けにかけて上げ幅を拡大した。

直近の為替レートは、ドル円で108円80銭台ユーロ円で121円30銭台で推移している。

 

日経平均もようやくの押し目、本日の動きは強さの見極めとなりそうな感じ、陽線で引けるようだと今後が楽しみな相場環境となりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA