まずは売らされないように

昨日のNY市場は下落。ダウは19ドル安の27071ドル、ナスダックは49ポイント安の8276ポイント。
S&Pも2ポイント下げて3036で取引を終了した。

ダウは寄り付き後からもみ合い、ナスダックはハイテク大手の決算を嫌気し、売りが先行した。

その後、ダウは7-9月期決算への期待感から上昇に転じる場面も見られたが、明日のFOMC結果を見極めたいとの思惑もあり、引けにかけて下落に転じた。

直近の為替レートは、ドル円で108円80銭台ユーロ円で120円90銭台で推移している。

 

毎日利益が積み上がる非常に嬉しい相場環境だが、利益確定のポイントが見つかりづらい。

まずは売らないで様子を見てからでも十分間に合う段階では無いだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA