昨日のNY市場はまちまち。ダウは52ドル安の27094ドル、
一方、ナスダックは5ポイント高の8182ポイント。S&Pはほぼ変わらず3006で取引を終了した。

マイクロソフトが最大400億ドルの自社株買い計画と大幅な増配を発表し、ハイテク株を中心に買いが先行。

しかし、本日から開催される米中高官協議を見極めたいとの思惑から、引けにかけて上げ幅を縮小する展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で108円の飛び台ユーロ円で119円30銭台で推移している。

連休前ということあり、商いは閑散となる可能性高し。

ただ個別でここからでも十分狙えるラグビーワールドカップ関連銘柄は狙っていっても面白い展開。