市場エネルギーを確かめる日

昨日のNY市場は上昇。ダウは227ドル高の27137ドル、ナスダックは85ポイント高の8169ポイント。
S&Pも21ポイント上げて3000で取引を終了した。

中国が昨年に導入した追加関税からの除外品目を発表したものの、トランプ政権にとって重要な農産品が含まれなかったことや
明日のECB理事会での金融政策発表を見極めたいとの思惑もあり、寄り付き後は小動き。

その後は、昨日に新製品・新サービスを発表したアップルなどハイテク銘柄に買いが広がり、堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で107円80銭台ユーロ円で118円60銭台で推移している。

日本株も短期的な過熱感とともに警戒する向きは少なくなく、外部要因に変調があれば、一気に売りに傾きやすくなる状況。

今日は市場のエネルギーを見極める重要な日となりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA