そろそろ買いに向かうタイミング

 

昨日のNY市場は下落。ダウは767ドル安の25717ドル、ナスダックは278ポイント安の7726ポイント。
S&Pも87ポイント下げて2844で取引を終了し、3指数とも2ヵ月前の株価水準まで下落した。

米中貿易摩擦の懸念からアジア・欧州株が全面安となり、米国株も全面安。

中国が国有企業に米農産物輸入停止を要請したと伝わったほか、人民元が対ドルで一時11年ぶりの水準にまで下落した。トランプ大統領は為替操作と非難しており、米中対立による投資家心理の悪化を受けて、大幅下落となった。

直近の為替レートは、ドル円で105円70銭台ユーロ円で118円60銭台で推移している。

ここでの下げは予想できたがここまでの下げは想定外。

そろそろ買いに向かうべきタイミングが来たのでは無いかと判断。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA