先週末のNY市場は上昇。ダウは73ドル高の26599ドル、ナスダックは38ポイント高の8006ポイント。
S&Pも16ポイント上げて2941で取引を終了した。

週末の米中首脳会談に注目が集まるなか、FRBのストレス・テストをパスし、増配などの株主還元策が好感された金融株の上昇が相場を押し上げた。

直近の為替レートは、ドル円で108円40銭台ユーロ円で123円20銭台で推移している。

 

米朝首脳会談が板門店で開催、寄り付き前には日銀短観が発表でどちらも重要ではあるが大きく動いても現状では戻る可能性が高いので

保有は維持、新規なギャップを狙うのも面白そうだ。