昨日のNY市場は上昇。ダウは115ドル高の25648ドル、ナスダックは87ポイント高の7822ポイント。S&Pも16ポイント上げて2850で取引を終了した。

4月小売売上高が予想外のマイナス成長となり、売りが先行。その後は、トランプ米大統領が輸入自動車に対する
関税引き上げを巡る判断を最大6ヶ月間延期するとの報道が好感されたほか、米中協議への楽観的な見方から上昇に転じた。

直近の為替レートは、ドル円で109円50銭台ユーロ円で122円70銭台で推移している。

 

まずは20日までは個別でと考えていたがその個別も好決算でも売られているものが多く存在し、相場をどのように見ていくが難しい。

まずは冷静に慌てず考えていきたいところ。