昨日のNY市場は上昇。ダウは207ドル高の25532ドル、ナスダックは87ポイント高の7734ポイント。
S&Pも22ポイント上げて2834で取引を終了した。

トランプ大統領が6月下旬に開催予定のG20首脳会議で、米中首脳会談を予定していることが報じられたほか、同氏が米中協議の合意に自信を示し、貿易摩擦問題への懸念後退から買いが先行。

前日の株価下落を受けた買い戻しの動きも広がり、終日堅調となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円60銭台ユーロ円で122円80銭台で推移している。

今週は暴落、リバウンドで行って来いと判断していたが、予想以上に下落が激しかったため今週後半どこまで戻せるか注目。