木を見て森を見ず

昨日のNY市場は下落。ダウは138ドル安の25828ドル、ナスダックは32ポイント安の7910ポイント。
S&Pも8ポイント下げて2870で取引を終了した。

米中両政府はこの日から2日間、ワシントンで閣僚級貿易協議を開く。米政権は中国製品への追加関税を、10日午前0時過ぎに10%から25%に引き上げると正式通知。

中国も報復措置を取る構えを見せており、貿易摩擦激化への懸念と協議決裂への警戒感から、株価は大幅安で寄り付き、ダウは一時450ドル近く下落した。

ただ、トランプ米大統領がこの日、中国の習近平国家主席から「素晴らしい書簡」を受け取ったと記者団に表明。大統領は週内に中国と合意に至る可能性が依然あるとの見方を示した。

これを好感し、株価は午後に入り大きく値を戻した。

直近の為替レートは、ドル円で109円70銭台ユーロ円で123円610銭台で推移している。

 

相場は軟調に見えるが個別は非常に動きが読みやすい。

ここは素直に考えて利益を取る場面、森を見ずに木を見て利益を取りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA