昨日のNY市場は上昇。ダウは43ドル高の25169ドル、ナスダックは20ポイント高の7567ポイント。
S&Pも5ポイント上げて2788で取引を終了した。

米長期金利の低下が一服し、金融株などに買い戻しが先行。しかし、中国政府が貿易摩擦の高まりを背景に
米国産大豆の購入を保留したことから、投資家心理が悪化した。

米長期金利が引けにかけて再び低下したほか、原油相場の下落が嫌気され上値の重い展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円50銭台ユーロ円で121円90銭台で推移している。

 

今週の日本株の軟調はすでに分かりきって実際その通りとなって、個別に関しても売買しやすかった。

週明けはある程度日本株も強い動きを見せると思われ狙う銘柄も多少多く網を張って利益を稼げそうな展開。

 

 

昨日のNY市場は下落。ダウは221ドル安の25126ドル、ナスダックは60ポイント安の7547ポイント。
S&Pも19ポイント下げて2783で取引を終了した。

貿易摩擦問題を巡り、中国が米国への対抗措置としてレアアースの輸出制限を検討していることが報じられ、売りが先行。

レアアースの供給制限は米産業界に大打撃となるほか、米中対立の長期化が世界経済に悪影響を与えるとの見方が強まり
投資家のリスク選好姿勢が後退して終日下落となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円50銭台ユーロ円で122円の飛び台で推移している。

日経平均の終値だけを見ると全面安のような感じではあるが、朝方の崩れ方から日銀の介入もあって踏みとどまった。

全体の3割近くは上昇している。

ピンポイントで銘柄を絞り込んでしっかり利益を取れる状況。

 

昨日のNY市場は下落。ダウは237ドル安の25347ドル、ナスダックは29ポイント安の7607ポイント。
S&Pも23ポイント下げて2802で取引を終了した。

米中貿易摩擦を巡って株価が下落基調にあることから、買い戻しの動きが先行。

しかし、米長期金利の低下が嫌気されたほか、トランプ大統領が対中関税の大幅引き上げに言及し、米中貿易摩擦の長期化懸念が強まると上げ幅を縮小して下落に転じた。

直近の為替レートは、ドル円で109円30銭台ユーロ円で122円の飛び台で推移している。

 

今週注目の銘柄は昨日暴騰となった。限定的な動きの時は個別に買いが集中する。

昨日のNY市場はメモリアルデーの祝日で休場。

直近の為替レートは、ドル円で109円50銭台ユーロ円で122円60銭台で推移している。

 

個別も動きが無い状況ではあるがトランプ氏が日本にいるということは米中問題も大きな進展は無いわけで

逆に下がるリスクも少ないわけだ。動いても大きな利益は出せないだろうがリスクも少ない状況であるのは間違いない

先週金曜日のNY市場は3日ぶりに反発。ダウは95ドル高の25585ドル、ナスダックは8ポイント高の7637ポイント。
S&Pも3ポイント上げて2826で取引を終了した。

トランプ大統領は23日、ファーウェイは安全保障上大変危険だが、
中国との交渉の一環として同社に対する制裁の一部解除もありえると発言。

リスク回避がやや後退した流れを受けて前日に2017年10月以来の水準となる2.30%割れまで低下した米10年債利回りが2.32%台に上昇し、
金融株が反発したほか、素材、エネルギー株も買い戻された。

今日の米国市場は戦没者追悼記念日(メモリアルデー)で休場。

直近の為替レートは、ドル円で109円30銭台ユーロ円で122円50銭台で推移している。

本日は日米首脳会談が予定されているが、日本にとってのプラス材料は乏しそうだ。

 

昨日のNY市場は下落。ダウは286ドル安の25490ドル、ナスダックは122ポイント安の7628ポイント。
S&Pも34ポイント下げて2822で取引を終了した。

米国によるファーウェイ排除の動きなどを受けて、米中間の対立が続いているほか、欧州景気の鈍化が意識されてアジア・欧州株がほぼ全面安となり売りが先行。

原油相場の下落や長期金利の低下も嫌気され、終日下落となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円50銭台ユーロ円で122円40銭台で推移している。

まずはここまでは予想通りの展開、今日は月例経済報告に注目。

 

昨日のNY市場は下落。ダウは100ドル安の25776ドル、ナスダックは34ポイント安の7750ポイント。S&Pも8ポイント下げて2856で取引を終了した。

トランプ政権が、ビデオ監視機器メーカーなど複数の中国企業に対して米国製部品などの調達禁止を検討しており、米中関係の悪化懸念から売りが先行。

注目のFOMC議事録では、大半の当局者がインフレ圧力の弱まりは一時的だとするパウエル議長の意見を支持しており、利下げを示唆する内容は含まれなかった。

発表後に株価を押し上げるには至らず、終日軟調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で110円30銭台ユーロ円で123円の飛び台で推移している。

 

内閣府が景気の基調判断を「悪化」へ引き下げた中、明日の月例経済報告での政府の景気判断でどのような内容になるか注目。

 

昨日のNY市場は上昇。ダウは197ドル高の25877ドル、ナスダックは83ポイント高の7785ポイント。
S&Pも24ポイント上げて2864で取引を終了した。

米商務省が、複数企業に対してファーウェイとの取引を事実上禁じる米政府方針について、一部取引に90日間の猶予期間を設けると発表し、買いが先行。

前日下落したハイテク株を中心に買い戻しが広がり、終日堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で110円50銭台ユーロ円で123円30銭台で推移している。

昨日のNY市場は下落。ダウは84ドル安の25679ドル、ナスダックは113ポイント安の7702ポイント。
S&Pも19ポイント下げて2840で取引を終了した。

複数の企業が中国通信機器メーカーのファーウェイとの取引を事実上禁じる米政府方針を順守することが報じられ、
米中関係の更なる悪化懸念からハイテク株を中心に売りが先行。

米国とイランの関係悪化による地政学リスクも嫌気され、終日軟調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で110円の飛び台ユーロ円で122円80銭台で推移している。

 

事実上の暴落はもう少し先の判断していたがここで踏ん張らないと大きく崩れる気配も出始めている。

キャッシュポジション高め、手仕舞いできないようであれば短期ヘッジで対応も考えたほうが賢明かもしれない

 

先週金曜日のNY市場は下落。ダウは98ドル安の25764ドル、
ナスダックは81ポイント安の7816ポイント。S&Pも16ポイント下げて2859で取引を終了した。

米国とカナダなどの通商問題の進展や5月ミシガン大消費者信頼感指数速報値の上振れなどが好感され
堅調に推移する場面もあったが、中国が米国との通商交渉を見合わせるとのCNBCの報道を受けて取引終盤に下落した。

直近の為替レートは、ドル円で110円の飛び台ユーロ円で122円80銭台で推移している。