リスク銘柄に飛び乗るのも良い場面か

昨日のNY市場は上昇。ダウは6ドル高の26157ドル、ナスダックは54ポイント高の7964ポイント。
S&Pも10ポイント上げて2888で取引を終了した。

3月消費者物価指数(食品とエネルギー除く)が予想を下振れ、利上げ凍結が長期化するとの見方から
買いが先行したものの日中は小動き。

注目のFOMC議事録では、米国や世界経済の先行き不透明感やインフレ圧力の緩和を受けて、大半の当局者が年内利上げを見送る方針を支持したことが示され、引けにかけて緩やか上昇する展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で110円90銭台ユーロ円で125円10銭台で推移している。

商いは閑散とした状況、休むも相場だがそろそろ動きたくなるのも事実。暫く同じ環境であるなら話題銘柄に飛び乗るのも一考か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA