全国人民代表大会が本日開幕

昨日のNY市場は下落。ダウは206ドル安の25819ドル、ナスダックは17ポイント安の7577ポイント。
S&Pも10ポイント下げて2792で取引を終了した。

米中交渉の合意が近いとの報道を受け、買いが先行。しかしながら、中国側からの声明に乏しく今後の動向を見極めたいとの思惑から、下落に転じた。

年初来の早い株価上昇ペースへの警戒感も広がり、軟調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で111円70銭台ユーロ円で126円60銭台で推移している。

中国の国会にあたる全人代全国人民代表大会が本日開幕する。

メジャーSQを控えて、仕掛けやすい展開と考えていいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA