底の見極め

昨日のNY市場は下落。ダウは220ドル安の25169ドル、
ナスダックは86ポイント安の7288ポイント。S&Pも25ポイント下げて2706で取引を終了した。

EUは、米中貿易摩擦や中国経済の減速などを背景に、ユーロ圏の2019年と20年の成長率見通しをそれぞれ引き下げた。
これを受けて欧州株は軒並み下落。米国株も寄り付きから売りが先行した。

さらに米中両政府が3月1日を交渉期限とする貿易協議で妥結を図るのは難しいとの観測が広がったことも株価をさらに圧迫した

直近の為替レートは、ドル円で109円70銭台ユーロ円で124円40銭台で推移している。

 

昨日書いたようにここでの下落はほぼ予想できている。

問題は下げ止まりから上昇のタイミングが時間軸で動くかボックスのボトムで止まるかの見極めが重要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA