昼までは様子見か

昨日のNY市場は上昇。ダウは172ドル高の25411ドル、ナスダックは54ポイント高の7402ポイント。
S&Pも12ポイント上げて2737で取引を終了した。

欧州株が全面高となり、米国株も買いが先行。

今日予定されるトランプ大統領による一般教書演説の内容を見極めたいとの思惑が広がるなか、主要企業決算が概ね堅調で投資家心理が改善しており、堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円90銭台ユーロ円で125円30銭台で推移している。

 

トランプ大統領による一般教書演説が日本時間午前11時から始まる。
その内容が取引時間中に株価に反映されることになると思われる。昨日のNYを考えるとドル高から一段高くなる可能性も考えたいところだが、出来高が伴わない状況、相場の動きが止まった途端に売られる昨日のような展開も十分考えれるのでここは慎重に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA