もうは、まだなり、気づけば

昨日のNY市場は上昇。ダウは175ドル高の25239ドル、ナスダックは83ポイント高の7347ポイント。
S&Pも18ポイント上げて2724で取引を終了した。

前週の雇用統計や製造業景況指数が堅調な内容となり、FRBによる利上げ一時停止の方針に懐疑的な見方が広がり、今週の連銀高官の講演内容を見極めたいとの思惑から売りが先行。

その後は引け後に予定される検索大手アルファベットの決算への期待から、ハイテク株を中心に上昇した。

直近の為替レートは、ドル円で109円80銭台ユーロ円で125円60銭台で推移している。

環境は良くも悪くも材料に乏しくなってくる。

デイトレは難しい展開かもしれないが中長期展望の銘柄はようやく昨年末の下落が取り返せたところ。

気づけば高い位置に行きそうな展開なのでまずはこのまましっかりホールドでしばらくゆっくりするのもいいのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA