昨日のNY市場は上昇。ダウは256ドル高の23787ドル、ナスダックは73ポイント高の6897ポイント。
S&Pも24ポイント上げて2574で取引を終了した。

米中貿易交渉が順調に進展しているとの見方が強まり、買いが先行。原油相場の上昇が好感されたほか、ハイテク株を中心に買いが広がり、堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で108円70銭台ユーロ円で124円40銭台で推移している。

 

日米ともに今の上昇は昨年のリバウンドと考えている。

懐疑的な見方のまま上昇、株価に勢いがあるような気配が出始めると一気に下落に向かうような気配。

まずは流れについて現状を維持しながら利益確定のタイミングを見逃さないでいきたい。