大発会の下落はほぼ読み切れたはず

昨日のNY市場は下落。ダウは660ドル安の22686ドル、
ナスダックは202ポイント安の6463ポイント。S&Pも62ポイント下げて2447で取引を終了した。

アップルが中国市場での需要後退を理由に売上高見通しを下方修正したほか、
12月ISM製造業景況指数が2008年以来の低水準となり、世界的な景気後退への警戒感から終日大幅下落となった。

直近の為替レートは、ドル円で107円60銭台ユーロ円で122円60銭台で推移している。

昨年末で確定となった下げトレンド、仕掛け的な為替の動き、それに輪をかけるアルゴ取引で方向がしっかりつかめれば売りでも買いでも大きく利益を出せる相場となっている。

昨年と比べると忙しいい取引になりそうだが、利益は大きく取れる相場環境になっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA