昨日のNY市場はまちまち。ダウは79ドル安の24947ドル、
一方、ナスダックは29ポイント高の7188ポイント。S&Pは4ポイント下げて2695で取引を終了した。

華為技術(ファーウェイ)幹部の逮捕を受けて、米中貿易交渉への影響懸念からアジア・欧州株が全面安となり、米国株にも売りが先行。

この日のOPEC総会や、明日のOPEC非加盟国を加えた閣僚級会合を見極めたいとの思惑から、原油相場が下落したことも相場の重しとなった。

直近の為替レートは、ドル円で112円70銭台ユーロ円で128円20銭台で推移している。

 

日経平均下落の予想からヘッジを入れて、年末餅つき相場の銘柄を個別で狙っているわけだが、現状は予想以上に日本株が下落しており1357などは大きく利益を出してはいるのだが、ヘッジはあくまでヘッジで、日本株下落で利益を出すためのものではないので、利益効率を考えるとこのあたりで止まって欲しいところ。

個別に関しては昨日の暴落でもしっかり上昇しており問題なしだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA