読みきった相場

昨日のNY市場は下落。ダウは799ドル安の25027ドル、ナスダックは283ポイント安の7158ポイント。
S&Pも90ポイント下げて2700で取引を終了した。

米中貿易交渉の進展に懐疑的な見方が広がり、欧州株がほぼ全面安で米国株にも売りが先行。

米国債イールドカーブ(長短金利差)が逆転して短期金利が長期金利を上回ったことから、
米経済の景気後退への警戒感が強まり、終日大幅下落となった。

直近の為替レートは、ドル円で112円70銭台ユーロ円で127円80銭台で推移している。

 

ここでの下げは想定していたし、その中で上昇する銘柄もしっかりと当てることが出来た。

年末までの相場は読みきれていると思っている。

あとは「まさかの坂」に注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA