昨日のNY市場は上昇。ダウは241ドル高の25115ドル、ナスダックは144ポイント高の7305ポイント。
S&Pも29ポイント上げて2711で取引を終了した。

複数の主要企業決算が好感され、買いが先行。

10月ADP雇用統計が予想を上振れ、米経済の堅調さが示されたほか、FRBがメガバンクを除く金融機関の資本要件緩和を検討していることも好感され、終日堅調となった。

直近の為替レートは、ドル円で112円90銭台ユーロ円で127円80銭台で推移している。

 

弱気一辺倒だった投資心理も徐々に改善、先物を売っていた外国人投資家の買い戻しや、好決算を発表した銘柄への個人投資家の買いなどで本日は追い風が吹きそうだ。