しばらくは指数狙い

 

昨日のNY市場は上昇。ダウは54ドル高の26828ドル、ナスダックは25ポイント高の8025ポイント。S&Pも2ポイント上げて2925で取引を終了した。

イタリアが19年予算で財政赤字比率を引き下げる意向を示したことで、欧州株がほぼ全面高となり、米国株も買いが先行。

9月のADP雇用統計やISM非製造業指数が予想を上回る良好な内容となり、終日堅調推移となった。ダウは連日で史上最高値を更新した。

直近の為替レートは、ドル円で114円40銭台ユーロ円で131円40銭台で推移している。

 

昨日は押し目と捉えて指数銘柄の緩みを拾う場面と考え昨日は買い場と考えメンバーブログには書いたが、おそらくしばらくは指数銘柄で決め打ちしても十分利益が出せる場面と思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA