利益の確定と新規銘柄

 

先週末のNY市場はまちまち。ダウは18ドル高の26458ドル、ナスダックは4ポイント高の8046ポイント。
S&Pはほぼ変わらずの2913ポイントで取引を終了した。

欧州株安の流れを受けて軟調にスタートしたが、主要3指数はほぼ変わらずで終了した。

直近の為替レートは、ドル円で113円70銭台ユーロ円で132円の飛び台で推移している。

 

現状の日本株は米国に沿って動いている。主体の外国人投資家はおそらく今週末の米国雇用統計で大きく動く可能性が考えられる。

ここは利益確定、銘柄入れ替えの重要な週と考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA