昨日のNY市場はまちまち。ダウは158ドル高の26405ドル、ナスダックは6ポイント安の7950ポイント。
S&Pもポイントで取引を終了した。

米中貿易摩擦の過度な警戒感が一服し、アジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行。

 

日経平均は予想通り大幅に4日続伸となった。ここまでくると買っていない人は焦り出す。

逆に上昇した人は3連休控え利益確定も考える場面。

昨日は流れの方向性に変化が見られたが、安倍政権続投もほぼ決まり、寄り付き軟調な日経平均の今日の動き次第で来週の方向が見えて来る。

今週初めに打診でも何でも今週は買っていくべきと書いたがここからは再度見直すタイミング。

そーせいが暴落の状況のマザーズがここで足場を固められるか、日経平均が下降した時に一緒に下落するのか、まずは今日の後場から注目したいところ。