昨日のNY市場は上昇。ダウは184ドル高の2624ドル、ナスダックは60ポイント高の7956ポイント。
S&Pも15ポイント上げて2904で取引を終了した。

前日トランプ政権が中国からの輸入品2000億ドル相当への関税引き上げを24日より実行すると発表したものの、当初の予定より緩やかな関税引き上げとなったほか、対象品目から一部ハイテク機器が除外されたことから経済への悪影響は限定的との見方が広がり、買いが先行。

原油相場の上昇が好感され、ハイテク株にも買い戻しが広がり、終日上昇となった。

直近の為替レートは、ドル円で112円430銭台ユーロ円で131円10銭台で推移している。

 

ここでの上昇は比較的安易に想像できたし、上昇するセクターも予想通り。

このような簡単な相場が続けば問題がないわけだが、ここはまずは投資効率重視で次に考えるのは

緩みのタイミング。

損失は小さく、利益は大きくを再度心がけたい所。