10日も継続の貿易協議

 

昨日のNY市場はまちまち。ダウは74ドル安の25509ドル、
一方ナスダックは3ポイント高の7891で8日続伸。S&Pは4ポイント下げて2853で取引を終了した。

米中貿易摩擦への懸念から寄付き後はもみ合う展開となったが、4-6月期決算で市場予想を上振れた企業数が2009年第3四半期以来の最多を更新したほか、週間新規失業保険申請件数が予想より減少し、下値を支えた。

直近の為替レートは、ドル円で111円10銭台ユーロ円で128円の飛び台で推移している。

 

日米閣僚級による貿易協議は10日も継続ということで本日の日本は様子見、週末の手仕舞いと予想される。

業績良好銘柄が流れに飲まれて押す場面も予想できるのでここから狙らうには面白い場面。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA