個人投資家も失望売り

 

 

 

昨日のNY市場は上昇。ダウは126ドル高の25628ドル、ナスダックは23ポイント高の7883ポイント。
S&Pも8ポイント上げて2858で取引を終了した。

アジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行。米中貿易摩擦への懸念が後退したほか、原油相場の上昇や
長期金利の上昇が好感され、終日堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で111円30銭台ユーロ円で129円10銭台で推移している。

 

予想していたとはいえジャスダックは下げが止まらない。

もうはまだなり、週の初めから方針は変わらず、今は買い下がるより手仕舞う状況と考える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA