昨日のNY市場はまちまち。ダウは112ドル高の25527ドル、
一方ナスダックは80ポイント安の7852ポイント。S&Pも8ポイント下げて2837で取引を終了した。

情報漏洩問題の影響が業績に反映されたフェイスブックの決算内容が嫌気され、ハイテク株を中心に売りが先行。

米・EU首脳会談を受けて貿易摩擦への警戒感が後退し、海外売上比率の高い銘柄を含むダウは上昇した一方で、S&P500とナスダック総合指数は終日軟調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で111円20銭台ユーロ円で129円40銭台で推移している。

 

日銀がETFの買い入れ方法を見直すとの見方から225は下落となったがTOPIXは小じっかりで、個別も上昇、利益が積み上がってきた。

本日、短期でも長期でも誰でも買える銘柄を推奨銘柄としてポートフォリオに組み込む。

現在8月会員募集中。

申し込めば7月は無料、10日間は返金可能。

まずはお試しあれ。