昨日のNY市場はまちまち。ダウは197ドル高の25241ドルで
ほぼ1ヶ月ぶりの高値。
一方ナスダックは1ポイント安の7840ポイント。S&Pは13ポイント上げて2820で取引を終了した。

アルファベット(グーグル)の好決算を受けてハイテク株を中心に買いが先行。ナスダックは一時最高値を更新。しかし利益確定の売りで引けにかけて下落に転じた。

一方、ダウ平均は複数の構成銘柄が好決算を発表し堅調推移となった。ただ明日の米・EU首脳会談を見極めたいとの思惑もあり、上値は限られた。

直近の為替レートは、ドル円で111円20銭台ユーロ円で129円90銭台で推移している。

 

 

日本株は堅調な状況で商いは依然として閑散。

個別も日替わりで上下するがまずは週間で上昇する事を目標としたい。