昨日のNY市場は上昇。ダウは224ドル高の24924ドル、ナスダックは107ポイント高の7823ポイントで史上最高値を更新。

S&Pも24ポイント上げて2798で取引を終了した。

トランプ政権による中国通信機器大手ZTEへの制裁解除を受けて、米中貿易摩擦への警戒感が後退し、買いが先行。

前日の下落を受けた買い戻しや、4-6月期決算発表への期待から、終日堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で112円50銭台ユーロ円で131円30銭台で推移している。

 

このところの円安はトレンドを形成しているような形ではあるがTOPIXを見ても戻りが弱い。

3連休前ということもありここは様子見の展開になるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA