昨日のNY市場は上昇。ダウは143ドル高の24919ドル、ナスダックは3ポイント高の7759ポイント。
S&Pも9ポイント上げて2793で取引を終了した。

週後半から始まる4-6月期決算発表への期待感から買いが先行。金融関連株に売りが広がったものの、原油相場の上昇が好感され、堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で110円80銭台ユーロ円で130円の飛び台で推移している。

 

本日は昨日までの3日続伸による短期急上昇の反動が予想される場面、方向性が見えるまでは利益確定を早めに心がけたい。