先週末のNY市場は上昇。ダウは55ドル高なお24271ドル、ナスダックは6ポイント高の75103ポイント。
S&Pも2ポイント上げて2718で取引を終了した。

原油高を受けてエネルギー株が上昇。FRBの年次ストレステストをクリアーした金融株が
自社株買いや増配などを発表し、一時軒並み高となり相場を押し上げたが、終盤は利益確定売りに押され高安まちまちで終了した。

直近の為替レートは、ドル円で110円60銭台
ユーロ円で129円20銭台で推移している。

 

前半は動きがないと考えているが7月4日以降は貿易問題が本気で勃発する可能性があるので注意。