6月始めの動きは注目

昨日のNY市場は下落。ダウは251ドル安の24415ドル、
ナスダックは20ポイント安の7442ポイント。S&Pもポイントで取引を終了した。

トランプ政権が、EUやカナダ、メキシコ製の鉄鋼及びアルミニウムの輸入関税発動を発表し、各国が報復措置を表明するなど貿易戦争への懸念が強まり、終日軟調推移となった。

原油相場の下落も嫌気された。

直近の為替レートは、ドル円で108円80銭台ユーロ円で127円30銭台で推移している。

 

今日から6月入りで週末とはいえ通常ならある程度手当て買いが入ってくる場面。

後場から下がるようなら来週も日本株は軟調になる可能性あり。

昨日のブログには銘柄を一つ買いているが、材料があり期限が決まった銘柄は勝負期間が決まっているだけに白黒つきやすいので割り切って勝負できるのでここは狙い目。

低位の個別で勝負をする場面でここまで順調に利益を積み上げているが、ながれがこのまま続くようなら、あといくつか短期吹き上がる銘柄に資金を投入したいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA