昨日のNY市場は上昇。ダウは306ドル高の24667ドル、
ナスダックは65ポイント高の7462ポイント。S&Pも34ポイント上げて2724で取引を終了した。

イタリアの政局不安が一服し、投資家心理が持ち直したことで買いが先行。米国債利回りの上昇を受けて金融関連銘柄を中心に
買い戻しが広がったほか、原油高も好感され、終日上昇となった。

直近の為替レートは、ドル円で108円80銭台ユーロ円で127円の飛び台で推移している。

 

昨日の日経平均は寄り付きから300円超の下落となり、想定以上に振り幅が大きそうだが下値22000円を意識をした動きでまずは予想通りの下落。

また予想通り今週注目の短期材料株4712は大きく吹き上がって6月に突入となった。

しばらくは個別の材料株に勢いが見られそうなのでいち早く情報を得て、まずは波に乗れるかが勝負。