決算の山場を越えて

昨日のNY市場は上昇。ダウは68ドル高の24899ドルで8日続伸、
ナスダックは8ポイント高の7411ポイント。S&Pも2ポイント上げて2730で取引を終了した。

貿易摩擦問題を巡る米中協議の再開を翌日に控えて、トランプ大統領が中国の通信企業との取引再開に向け
譲歩する姿勢を示し、協議進展への楽観的な見方から買いが先行。

しかし、在イスラエル米大使館のエルサレム移転に伴う抗議活動で多数の死傷者が出るなど地政学リスクへの警戒感が重しとなり、
上げ幅を縮小する展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円60銭台ユーロ円で130円70銭台で推移している。

 

決算も山場を越えて現状日本株は活気がある状況とは言えない。

出尽くし感がここから見えるようだと指数は押す場面が見られそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA