昨日のNY市場は上昇。ダウは94ドル高の24357ドル、
ナスダックは55ポイント高の7265ポイント。S&Pも9ポイント上げて2672で取引を終了した。

バフェット氏が、週末に開催された株主総会や前後のメディアへのインタビューで、大量追加取得したアップル株のほか、アマゾンやグーグルなどハイテク大手企業を賞賛する発言を行い、ハイテクセクターを中心に買いが先行。

中国が貿易摩擦問題で一部関税引き下げを示唆したことも好感され、堅調推移となったが、米国がイラン核合意から離脱する可能性が強まっており、トランプ大統領がイラン核合意を巡る対応について明日発表することを明らかにすると引けにかけて上げ幅を縮小する展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円の飛び台ユーロ円で130円の飛び台で推移している。

 

昨日は今週注目の銘柄に関しては動きは見られなかったが、それでもポートフォリオの利益は増えている状況。

今の所このままで来週前半まで見ていく形が好ましいが、次に狙いをつけたい中長期展望で狙える銘柄の選定時期でもある。

まずは決算良好でも今後のリスクを考え控えめな見通しを出している製造業などは狙い目ではないかと思う。