昨日のNY市場は上昇。ダウは212ドル高の24573ドル、ナスダックは49ポイント高の7156ポイント。S&Pも21ポイント上げて2677で取引を終了した。

前週末に米英仏がシリアに軍事攻撃を実施したものの、同国を巡る情勢悪化懸念が一服し、買いが先行。

3月小売売上高が予想を上振れたほか、主要企業決算も好感され、終日堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で107円10銭台ユーロ円で132円60銭台で推移している。

昨日の日経平均株価は商いも低調、値幅もなく全く動いていないような状況。

そんな中、小型新興がとてつもない状況で売られた。

今日、まずは大きく戻すかどうかが大きなポイント。